読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おあそび ぷろぐらみんぐ 日記

プログラミング初心者のおあそびと勉強の記録です。

【MESH】開封〜twitterでつぶやくまで【IoT】

前回の記事で、MESHからボタン入力で自由につぶやくというネタをやりました。

こういう感じですね。

f:id:beethovenmendelssohn:20170504022727j:plain

プログラムの中身は前回書いたので、

今回はMESHを開封してからチュートリアル的な部分までの話と、MESHの感想を。

 

・注文〜開封の儀

こちらの公式サイトから買うタグを選んで、AMAZONから購入しました。

翌日、届いたAmazonの箱を開けると、MESHの箱はこんな感じ。

f:id:beethovenmendelssohn:20170413221444j:plain

おしゃれなデザインですね。

 

開けるとこんな感じ。

f:id:beethovenmendelssohn:20170413222227j:plain

 

MESHのサイズはちょうど10円玉2つ分。

f:id:beethovenmendelssohn:20170413224416j:plain

 

 

同封されている説明書のQRコードAndroidで読むと、※私はAndroidユーザなので

f:id:beethovenmendelssohn:20170413222314j:plain

 

MESHのサイトに飛ぶので、

f:id:beethovenmendelssohn:20170413222659p:plain

 

アプリをダウンロードと進んで、GooglePlayへ。そしてダウンロード。

f:id:beethovenmendelssohn:20170413222742p:plain

アプリを起動するとこんな画面。

f:id:beethovenmendelssohn:20170413223303p:plain

あとは画面のチュートリアルに従って、Bluetooth紐付けすれば、ボタンを認識するようになります。

 

 

twitterでつぶやいてみる

もともとMESHとツイッターを連携する機能が用意されてるので、それを使ってみる。

IFTTTってやつを使う。

 

  ※IFTTTは「if this then that」の略で、「いふと」と読む。

       Webサービス同士をつなげることができるWebサービス。 

      ん?日本語が難しい。

 

  「if this then that」だから、

  つまり、「(もし) これを したら ああなる」

  つまり「なにかきっかけが あったら アクションをする」

  この「きっかけ」と「アクション」をつなぐWebシステムがIFTTTなわけらしい。

   今回のケースで言えば、「MESHボタンを押したら ツイートする」

  となる。

 

IFTTTの設定をするため、一旦MESHアプリから離れて、まずIFTTTのページからアカウントを作る。

画面指示に従えば悩まないで作れる。

ちなみに、MESHやtwitter以外にも扱えるWebサービスが沢山あって、色々遊べそう。

 

IFTTのアカウントを作ったら、MESHアプリに戻る。

下のメニューの中から、「ボタン」と「ツイッター」を配置して線で結ぶ。

線を結ぶと「ピキーン!!」って感じの音がなる。

この音なんのセンスなんだろ?

f:id:beethovenmendelssohn:20170415204024p:plain

 

 

ボタンの方は、「1回押されたら」「長押しされたら」「2連続で押されたら」から選べる。とりあえず「1回押されたら」にする。

f:id:beethovenmendelssohn:20170415204111p:plain

 

 

Twwiterの方は、「ツイートする」か「特定のツイートが見つかったら」から選べる。

とりあえず「ツイートする」にして、送信テキストを適当に入れる。

f:id:beethovenmendelssohn:20170415204304p:plain

で、真ん中の「IFTTTアプレット設定」からIFTTTと連携しましょう。

この時に、先程作成したIFTTTのアカウントが必要。

IFTTTのアカウント認証、ツイッターのどのアカウントと連携するか、などを入れて設定できる。

 

これでOKなはず。

で、MESHボタンを押してみる。

f:id:beethovenmendelssohn:20170415204007p:plain

 

できた!簡単!

 

・つぶやくのに地味にはまったこと。

とりあえず動いたので、「2連続で押されたら」も試しておくことに。

で、「ボタン」の方の設定を「2連続で押されたら」に変更して、MESHボタンを2回押してツイート!

…が、ツイートされない。

あれ、なんで?2回クリックの間隔とかの問題?

と思って何回か押してみるけどツイートされない。。

 

なんか変な操作したかな?と思って、1回「ボタン」も「ツイッター」も消して、新しく作り直す。「2回押したら」に設定しておく。

で、試したら、、ツイートできた!

なんだったんだ?

 

まぁいいことにして、最後に「長押し」パターンも試しておく。

「2回押したら」を「長押し」に変更。

試す。

ツイートできない。

 

なんなんだ!!

 

 作って一発目しか動かないの?なんなの?

と思ってたら、エラーログ見て理由がわかりました。

 

Twitterの「IFTTTアプレット設定」から

f:id:beethovenmendelssohn:20170415204628p:plain

 

歯車マーク選んで、 

f:id:beethovenmendelssohn:20170415212006p:plain

 

真ん中にくらいにある「View activity log」から。

f:id:beethovenmendelssohn:20170508223403p:plain

 

この「Applet failed」の下の緑のところをクリックで細かく見れます。

いや、エラー確認の導線わかりずらっ!!

ちなみに、その下にある「Applet ran」は成功時のログ。

f:id:beethovenmendelssohn:20170415212500p:plain

  

真ん中くらいに原因が書いてあった。

新しいコンテンツしか投稿されないよ!(=全く同じ内容は投稿されない)ってことだ。

なるほど。きっかけだけ変えて、全く同じツイート文を投稿しようとしてたからだめだったのね。

いや、親切だけど、同じ内容を投稿したいとかもあるんじゃないのかなー?

f:id:beethovenmendelssohn:20170415213327p:plain

 

原因がわかったので、連続でツイートできるようにちょっといじる。 

ツイッター」アイコンをもう一度選んで、

真ん中くらいの「⊕データを追加」を選択。

f:id:beethovenmendelssohn:20170415204304p:plain

 

日時を選ぶ。

f:id:beethovenmendelssohn:20170415213720p:plain

 

これでまたMESHボタンを押すと、、

f:id:beethovenmendelssohn:20170415214034p:plain

ボタンを押した時間を取得するので、毎回ツイート内容が変わるから、連続でツイートできた。

めでたしめでたし。

 

・MESHの個人的感想 

あくまで個人の感想です。

 

・デザイン:◎

 箱のデザイン含めてかわいい。部屋に飾っておける。

 

・価格  :☓

 お値段¥5,980!高っ!  

「ちょっとIoTのお試しに」って買うにはちょっと。。

 MESH全7種類セットだと¥37,980!別々に買うより¥7,980お得!

 って全然お得感ない。

 

・機能性 :◯

 「1回」「2回連続」「長押し」と3種類の入力を使えるのがいい。

 というか、それができるからMESHのボタンを買った。

 Amazon Dash Buttonではハックしても入力の使い分けができなかったから、、(こちらで書きました

 

・なんだかなぁと思ったこと

ボタンタグに限った話だけど、「ボタン」と「Bluetooth連携用ボタン」があるんですよね。

緑色の部分もパッと見わからないけど押せるようになっていて、Bluetooth連携にはこっちを使う。

f:id:beethovenmendelssohn:20170413225423p:plain

この緑のボタンなんかもったいなくない?

せっかくのボタンタグなのに、、Bluetooth連携のためだけに別にボタンを用意するって、なんか、、もやもやを感じる。

明るさタグとか他のタグもあるし、全体のデザイン・機能の統一性とか、わかりやすさを考えたら、こうするのは必然かなとも思うんだけども。なんかね、もったいない気がしちゃってね。

 

以上、MESH使った感想でした。

なんだかんだ面白かったので、他のタグも買って遊んでみようと思います。