読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おあそび ぷろぐらみんぐ 日記

プログラミング初心者のおあそびと勉強の記録です。

Amazon Dash Buttonをいじってみてわかったこと

前回までの記事でAmazon Dash ButtonAmazonで買い物できるようにした(笑)わけなんですけど、その過程でわかったこと。

 

できることが少ない!!

Dash Buttonいじってネットワークと接続するボタンとして使うなんて記事は、検索すると沢山でてきます。

で、私もそれを見ていじってみたわけなんですが、、超単純な使い方しかできないんですね。

 

 

当初は、

①ぽちっ(1回押し)

②ぽちぽちっ(2回押し)

③ぽちーーっ(長押し

とか、押すパターンによって複数の入力を使い分けられるはずだから、複数の入力に対して、PC側で色々処理して遊ぶプログラムを書きたいと思ってたんです。

3種類も入力あれば、色々可能性が広がるなと。

 

ところがですよ、DashButtonをハックしても、1回の入力しか認識できないんですね。

1回押しと2回連続押しの区別ができない。

 

なぜかというと。

ボタン側の処理の流れとしては、

①1回押すとボタンからARPパケットを飛ばす

②ボタンのMAC ADDRESSに対応した商品が登録されていないから、購入処理エラー

 ※②の処理中(10秒くらい)はボタンの入力受けつけない。

となるわけで、ハックといっても①のパケットをきっかけに、なにかアクションを起こさせるのがせいぜいなんですね。

((もっと深い階層をいじればなんとかなるのかもしれませんが、、私のレベルではたどり着けない。。。))

 

つまり、 

Dash Button = ただの無線接続のエンターキー

なわけ。しかも連打不可。

 

思った以上に色々できないけど、ここまで調べたからなにかにやりたい、、ということで、前回の記事のネタをやってみたというわけでした。 

 

 

ちなみに、、DashButtonにこだわらなければ、IoTのボタンって他にありまして。

AWS IoTボタンというのがあります。

名前からも分かる通り、DashButtonと同じくAmazonから発売されていて、最初からIoT用として用意されたボタン。で、様々な入力パターンを受け付けられるみたい。

ただし、残念ながら米国内でしか使えないとのこと。日本での技適をとってないからみたい。

aws.amazon.com

 

 後は日本で使えるボタンとして、SONYが出しているMESHというのが有名らしいですね。

meshprj.com

 

こちらについては、、調べてるうちに気づいたら買っていました!

ということで、最近コイツを触ってます。

何かしら作って、また別の記事で書きますね!