読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おあそび ぷろぐらみんぐ 日記

プログラミング初心者のおあそびと勉強の記録です。

Amazon Dash Buttonをいじってみてわかったこと

前回までの記事でAmazon Dash ButtonAmazonで買い物できるようにした(笑)わけなんですけど、その過程でわかったこと。

 

できることが少ない!!

Dash Buttonいじってネットワークと接続するボタンとして使うなんて記事は、検索すると沢山でてきます。

で、私もそれを見ていじってみたわけなんですが、、超単純な使い方しかできないんですね。

 

当初は、

①ぽちっ(1回押し)

②ぽちぽちっ(2回押し)

③ぽちーーっ(長押し

とか、押すパターンによって複数の入力を使い分けられるはずだから、複数の入力に対して、PC側で色々処理して遊ぶプログラムを書きたいと思ってたんです。

3種類も入力あれば、色々可能性が広がるなと。

 

ところがですよ、DashButtonをハックしても、1回の入力しか認識できないんですね。

1回押しと2回連続押しの区別ができない。

 

なぜかというと。

ボタン側の処理の流れとしては、

①1回押すとボタンからARPパケットを飛ばす

②ボタンのMAC ADDRESSに対応した商品が登録されていないから、購入処理エラー

 ※②の処理中(10秒くらい)はボタンの入力受けつけない。

となるわけで、ハックといっても①のパケットをきっかけに、なにかアクションを起こさせるのがせいぜいなんですね。

((もっと深い階層をいじればなんとかなるのかもしれませんが、、私のレベルではたどり着けない。。。))

 

つまり、 

Dash Button = ただの無線接続のエンターキー

なわけ。しかも連打不可。

 

思った以上に色々できないけど、ここまで調べたからなにかにやりたい、、ということで、前回の記事のネタをやってみたというわけでした。 

 

 

ちなみに、、DashButtonにこだわらなければ、IoTのボタンって他にありまして。

AWS IoTボタンというのがあります。

名前からも分かる通り、DashButtonと同じくAmazonから発売されていて、最初からIoT用として用意されたボタン。で、様々な入力パターンを受け付けられるみたい。

ただし、残念ながら米国内でしか使えないとのこと。日本での技適をとってないからみたい。

aws.amazon.com

 

 後は日本で使えるボタンとして、SONYが出しているMESHというのが有名らしいですね。

meshprj.com

 

こちらについては、、調べてるうちに気づいたら買っていました!

ということで、最近コイツを触ってます。

何かしら作って、また別の記事で書きますね!

 

Amazon Dash ButtonでAmazon Dash Buttonを買えるようにしてみた。 詳細②〜ブラウザ操作編

前回の記事で、Dash Buttonからの入力を受け付けるところまで書きました。

今回は、Dash Buttonの押下をきっかけに、ブラウザを操作してDash Buttonを買うところまで。

 

・使用した開発環境(おさらい)

 ・MAX OS Sierra 10.12.4 

 ・JavaScript  

 ・Wireshark 2.2.5

 ・nodejs 7.8.0    

 ・Dash Button for Node

 ・nightmarejs 2.10.0  ←今回説明!!

 

nightmarejsってやつを使うと、こんな感じでブラウザ操作できます。

f:id:beethovenmendelssohn:20170417230806g:plain

続きを読む

Amazon Dash ButtonでAmazon Dash Buttonを買えるようにしてみた。 詳細①〜入力編

前回の記事Amazon Dash ButtonAmazon Dash Buttonを買いました。

今回はその詳細編です。 

 

・使用した開発環境

 ・MAX OS Sierra 10.12.4

 ・JavaScript

 ・Wireshark 2.2.5

 ・nodejs 7.8.0

 ・Dash Button for Node

 ・nightmarejs 2.10.0

 

 

続きを読む

Amazon Dash Buttonに感動したので、Amazon Dash Buttonで、Amazon Dash Buttonを、買えるようにしてみた。

どういうことだって?

こういうことです。

youtu.be

 

ものとしては「エリエール」のダッシュボタンを使ってますが、注文できる商品を「エリエール」ではなく「パンテーンのダッシュボタン」にしました。

 注:あくまで「パンテーンのダッシュボタン」であって、

   パンテーン自体ではありません。

f:id:beethovenmendelssohn:20170417230806g:plain

 

はい、すみません。

完全にやりたかっただけです。

 

察しの良い方はおわかりの通り、大したことはしてません。

今回一番時間かかったのは、動画の撮影と、個人情報部分にモザイクをかける作業でしたね。

疲れた。。。

 

細かいことはまた次回以降にわけて書きます。

(といっても、そんなに内容ないので2・3回ですね、多分。

 

LINE bot作ってみた詳細⑥〜LINE botとMySQLの連携

さて、ようやくLINE bot編も最後です。

これまでに、

・LINE botのサンプルアプリをheroku上で動かす。

・Web上でMySQLを使う。

までやりました。今回で上記2つをつなぎ合わせて完成です。

 ※今回からお読みの方もしいれば、ぜひ最初からお読みください。

 

f:id:beethovenmendelssohn:20170416185708j:plain

 

続きを読む

話題のマストドンに参加してみた。

本日2回めの更新。

しばらく前から書いてる、LINE botの話の息抜き記事ということで。

 

マストドン、Yahoo!ニュースにも乗って話題になってますね。

headlines.yahoo.co.jp

 

ヤフーの記事にもある通り、Twitterみたいな感じです。

特徴は下のような感じ。(マストドンのトップページより抜粋

Mastodon の特徴

  • 時系列順のタイムライン
  • 公開タイムライン
  • 1つの投稿は500文字まで利用可能
  • GIFVや短い動画にも対応
  • 投稿ごとに公開範囲を細かく設定可能
  • 豊富なブロックやミュート機能
  • 広告もトラッキングもありません
  • アプリやその他サービスにAPIを公開

 

私もさっそく登録してみました。

 ▼まだラグがあって、ホームのタイムラインにリアルタイムで表示されなかったり。

 ローカルタイムラインのスピードがえげつなかったり。

 注意喚起つけて投稿できたり。

使い慣れない感じはあるものの、なかなか面白そう。

 

すぐはじめられるので、興味のある方はぜひ下記から参加してみては?

https://mstdn.jp/about

 

私は「いえふえ(@efa)」という名前で登録してるので、良かったらフォローして下さいね!

LINE bot作ってみた詳細⑤〜herokuでmySQLを使う

さて、LINE botの続きです。

前回の記事までで、「bot」「データベース(MySQL)」それぞれは動くようになりました。

今回はmySQLを、botを置いてあるherokuからでもアクセスできるようにします。

 ※今回からお読みの方もしいれば、こちらからお読みください。

 ※前回の記事で「次回はbotmySQLを連携させる」と書きましたが、

   前段が長くなってしまい、そこまでたどり着きませんでした。。

 

f:id:beethovenmendelssohn:20170415091334j:plain

続きを読む